学力の向上と部活動の充実を図り、生徒一人ひとりの進路希望を実現する地域に根ざした学校
 
 

サイト内検索

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人
Copyright (c) Urawahigashi High School All Right Reserved.
 


 

 
Since 2016.1.22504085

生徒心得

生 徒 心 得

 浦和東高等学校の生徒は、その本分である学業と心身の鍛練に励むとともに、常に高校生としてふさわい規律と秩序を守り、よい校風を樹立するように努めなければならない。
 学則に従い、本校生徒として守るべきことを次のとおり定める。

1.一般的事項
(1) 毎日の学習を通して学問の真理を探究し、人格の完成を目指して努力をする。
(2) 敬愛と協力によって明るい学校生活を営み、深い教養を身につける努力をする。
(3) 校則や社会の規律を守り、社会人として望ましい資質を養う。
(4) 諸活動を通してねばり強い精神力と、たくまい体力を養う。

2.学  習
(1) 教科及び特別活動に意欲をもって積極的に取り組み、真剣に努力する。
(2) 常に真面目な学習態度を持ち、教室内では静粛に、よい学習環境を作るよう努める。
(3) 予習・復習に心がけ、宿題・レポート等を完全に行い、学習効果をあげるように努め  る。
(4) 正当の理由なく遅刻・早退・欠課をしてはならない。止むを得ない場合は学級担任及  び教科担任に申し出て了解を得ること。
(5) 自習時間は、自ら学習することに専心し、学級や学校全体に迷惑を及ぼさないように  すること。
(6) 休み時間は有効に活用し、他に危害を加えたり、悪ふざけや危険な遊びをしてはなら  ない。
(7) 始終の礼はきちんと正しく行う。

3.校内生活
(1) 規律を守り、協力と和の精神を忘れてはならない。
(2) 常に正しい言葉づかいに留意し、粗暴な行動をつつしみ、だれにでも明るくあいさつ  をするように努める。来客や職員に対する会釈を忘れないようにする。
(3) 校長室・職員室・事務室等へ入るときは、ノック及び「失礼します。」「失礼しまし  た。」と会釈をする。
(4) 身のまわりを整理整頓し、校内の美化、教育環境の整備に心がける。清掃分担区域は  毎日清掃し、終了後は係職員に報告する。
(5) 教室、机、清掃用具をはじめ、全ての施設・備品等の公共物を大切にし、破損・移動  ・紛失をしてはならない。万一、事故があったときは、直ちに担任に届け出て、その  指示を受けること。(修理費等は別に定める。)
(6) 特別教室、特定の物品を使用するときは、担当職員の許可を得る。使用後は整理・整  頓して報告する。また休業日に使用するときは、校長の許可を必要とする。
(7) 所持品にはすべて記名し、貴重品は身につけ、金銭や物品の貸借・売買・交換をして  はならない。
(8) 所持品の拾得・紛失・盗難の場合には、届け出ること。
(9) 学習に不必要な書物・雑誌・物品等を持参しないこと。
(10) 校内における集会、掲示、パンフレット、ビラ、雑誌等の配布については、責任者を  定め、学級担任、係職員を通して校長の許可を受けなければならない。
(11) 火気を扱うときは、担任又は関係職員の許可を受け、その指示にしたがう。
(12) 特定の政党・宗教を支持し、又はこれに反対するための政治活動及び宗教活動を行っ  てはならない。
(13) 生徒間の交際は、相互の理解と思いやりを基に清純明朗でなければならない。

4.校外生活
(1) 本校生徒としての自覚と誇りをもち、服装や言動に注意し、責任ある行動をする。
(2) 学校以外の団体の主催する集会、研究会等に参加する場合は、保護者の許可を得たの  ち、学佼に届け出て指導を受ける。
(3) アルバイトは原則として禁止する。特別の事情でやむを得ず行う場合は、保護者とと  もに事前に学校に届け出て学校の指示を受けたうえで、保護者の責任のもとに行うこ  とができる。
(4) 旅行・登山・キャンプ・スキー・スケート・海等に行く場合は、保護者の許可を得て、  事前に学校へ届け出て指導を受ける。
(5) 生徒として、ふさわしくない場所への出入りは禁止する。
(6) 夜間の外出はできるだけ避け、安全に留意する。行先・用務・帰宅時刻・連絡方法は  家人に告げておく。外泊は保護者の許可を得なければならない。

5.登・下校
(1) 登・下校の際は定められた服装をし、校章、バッチをつけなければならない。
(2) 交通法規、交通道徳を守り、安全に留意し、他人に迷惑をかけないよう十分に注意す  る。
(3) 始業5分前までに教室に入り、登校後は許可なく外出しないこと。
(4) 放課後は下校時刻までに下校する。部活動等特別の事情で下校が遅れる場合は、顧問  教師及び学級担任の了解を得たうえ必ず家庭に連絡する。なお、学校警備が機械警備  であるため、施錠後は校舎内に立ち入ることはできない。
(5) 自転車通学に関しては別の規程で定める。
(6) バイク等エンジン付きの車を運転しての通学は認めない。

6.服装・容姿
 服装、身だしなみ、言葉づかい等は、その人の人柄を表すものであり、個人の態度がその学校の評価につながることがある。本校生徒として、ひとりひとりが責任ある行動をとらなければならない。服装等について、次のように定める。なお異装の場合は、別に定める様式により、そのつど許可を受けること。

男子
 冬季(10月~5月)は標準学生服、Yシャツ、スラックス。
夏季(6月~9月)は、Yシャツ、スラックス。
5月~10月は、ベスト、セーターでもよい。
ベルトは標準的なものとする。
  ※Yシャツ、標準学生服、スラックス、ベスト、セーターはい  ずれも学校指定のものとする。
 女子
 冬季(10月~5月)はYシャツ、ニットベスト、ブレザー、スカート、白または紺色ソックス。
夏季(6月~9月)は、Yシャツ、スカート、白または紺のソックス。  5月~10月は、ベスト、セーターでもよい。スカートは、膝にかかる丈とする。
 ※Yシャツ、ブレザー、スカート、ベスト、セーターはいずれ  も学校指定のものとする。ルーズソックスは禁止する。
コート
 無地のスクールコート(ダッフルコート、Pコート)。
色は紺・黒・グレー。(ジャンパー等は禁止)
部活動のウィンドブレイカー。(部で統一した、校名入りのもの)
バッジ 所定の位置(左襟)につけること。
上 履 学校指定のもの。
カバン 登下校は、学校が示す標準バッグ又はそれに準ずるもの。
雨 具 自転車通学者は必ず雨ガッパを用いること。
頭 髪 清潔・簡素を旨とする。パーマ、カール、染色・脱色は禁止。
男子は目、耳、後襟にかからないこと。
女子で髪が長い者は、体育など必要のある場合は結ぶか編むこと。
その他 指輪・ペンダント等のアクセサリ一、マニキュア、口紅等の化粧は禁止。
通学靴 標準短靴又はアップシューズ。
体育着
 本校指定のトレーニング・ウェア、半袖体育シャツ、短パン(男子)、ハ
ーフパンツ(女子)。
7.諸願・諸届
(1) 諸願・届は、学校所定の用紙、又は「生徒必携」をもって、保護者より学級担任を通  して校長あてに提出する。
(2) 願書を要するものは、次のとおりである。
   休学・転学・退学・復学・自転車通学・アルバイト・旅行・異装・諸証明書下付・   校内集会・掲示・ビラ等の配布
(3) 届を要するものは、原則として次のとおりである。
   欠席・遅刻・早退・忌引・住所変更・氏名変更

8.携帯電話の取り扱いについて
(1) 携帯電話は、授業中は使用しない。授業中は必ず、電源を切っておくこと。
  (定期考査、SHR、LHR、自習時間、学校行事、集会等を含む)
(2) 授業中、携帯電話を使用した場合(携帯電話が鳴った場合等も含む)は、1週間程度、  学校で預かるものとする。(繰り返し行われる場合は預かり期間を延長する)
(3) 生徒及び教職員、学校等に関する誹謗中傷に該当するネット上での書き込みはしない。
  (携帯電話のみならずパソコンからの書き込みも含む)
(4) 上記(3)に該当し、著しく個人または学校の名誉・品位を傷つけると判断された場合  は、所定の手続きを経て懲戒の対象とする。また、上記(2)の指導に従わない場合も  同様の扱いとする。

9.その他
(1) 学校内外を問わず、理由のいかんにかかわらず、暴力行為、喫煙、飲酒、薬物使用は  厳重に禁止する。
(2) バイク(原動機付自転車、自動二輪車)・自動車の購入、乗車、運転及びこれらの運転  免許証の取得は禁止する。 (特に事情のある場合は校長に申し出て許可を得る)


平成21年4月1日から施行