学力の向上と部活動の充実を図り、生徒一人ひとりの進路希望を実現する地域に根ざした学校
 
 

サイト内検索

オンラインユーザー25人
ログインユーザー0人
Copyright (c) Urawahigashi High School All Right Reserved.
 


 

 
Since 2016.1.22481424

生徒会役員選挙管理規定

                            生徒会役員選挙管理規程

      第1章 総則
第1条 この規程は、生徒会会則第36条に基づき、これを定める。
第2条 この規程は、生徒会会長および副会長選挙に適用し、生徒会会員の意志を反映し、円滑な選挙   が行われ、生徒会活動の発展に寄与することを目的とする。

      第2章 選挙管理委員会
第3条 生徒会役員選挙管理委員会(以下、選挙管理委員会という)は各HRより1名ずつ選出された   委員によって構成され、互選により委員長1名、副委員長1名、書記 3名(各学年1名)を選   出する。
第4条 選挙管理委員は自ら立候補、または特定の候補者を応援することはできない。
第5条 選挙管理委員会は、投票日の20日前までに選挙に関し、次の事項を告示しなければならない。
 1.立候補受付期間。
 2.投票日・投票場所。
 3.立合演説会の日時と場所。
第6条 選挙管理委員会は、受付締切後速やかに会長・副会長各々の立候補者全員の氏名を公示する。

     第3章 選挙権および被選挙権
第7条 全会員は選挙権を有する。
第8条 会長の被選挙権は2年生のみが有し、その他の役員の被選挙権は、全ての会員が有する。

     第4章 立候補の届出
第9条 会長・副会長の立候補者は、責任者1名を併記して選挙管理委員会に届けなければならない。
第10条 立候補者のない場合は、各HRからの推薦により、立候補者の選出をする。

     第5章 選挙運動
第11条 選挙運動は立候補届出締切日から投票日前日までとする。
第12条 立候補者は次の選挙運動を行うことができる。
 1.選挙管理委員会で規定されたポスターの校内掲示。
 2.責任者立ち合いの上、H・R、その他の選挙管理委員会で規定した範囲内で演説を行うこと。
 3.選挙管理委員会委で開催する立合演説会。
第13条 選挙運動は品位を保ち、公正に行われなければならない。

   第6章 投票および開票
第14条 投票の場所および時間は選挙管理委員会が定める。
第15条 投票は会長・副会長とも単記とし、無記名投票とする。
第16条 選挙は全会員の3分の2以上の有効投票を必要とする。
第17条 選挙管理委員長の許可があれば、不在投票を行うことができる。
第18条 開票は、投票後選挙管理委員会の指定した場所において、選挙管理委員及び立候補者の責任者   立合いのうえで行う。
第19条 開票の結果は直ちに選挙管理委員会によって全校に報告される。
第20条 開票の結果、有効投票の最多数を得た者より順次当選とする。
第21条 候補者の数が定数と同じ場合には、信任投票を行う。信任には有効投票数の過半数を必要とす   る。不信任の場合は、再選挙を行う。